ビタミンC誘導体、APPSの総合情報サイト

ビタミンC誘導体ガイド

コラーゲンを増やしてシワとたるみ対策

コラーゲン食べたり飲んだり塗っても効果なし

肌のハリを維持するためにコラーゲンが必要なのはご存知でしょう。しかしコラーゲンを食べたり飲んでもそのまま肌のコラーゲンにはならないのをご存知ですか?
胃に入ってそのまま肌に移動するわけがありませんし、髪の毛や関節など全身にコラーゲンはたくさんあるので、食べたコラーゲンが顔の皮膚にだけ集中的に集まることもありえません

また、コラーゲン化粧品を肌に直接塗っても真皮までは浸透できませんので、肌のコラーゲンの量を増やすことはできません。コラーゲン化粧品は肌の表面の潤いを補う程度と考えてください。

若くても小ジワができ、深いシワになることも

シワの原因は原則老化によるものですが、肌の水分量が減り、それにともなって弾力成分であるコラーゲンとエラスチンが萎縮すると肌にたるみができシワになります。
これは若くても小ジワの原因となってしまいます。
ですから肌の水分を維持すること、そして弾力成分を充実させることがシワ予防に必須となります。

シワの予防には保湿と弾力アップ

まずシワを防ぐためには弾力を維持してあげることが必要です。しかし弾力を維持するには肌の水分が必要になります。まずは肌の水分維持を上げるため、セラミドの美容液を使うことをお薦めします。セラミドは肌の水分を結合させる脂質で、肌から外へ水分を蒸発させない機能があります。セラミドが豊富にあれば肌の水分レベルは当然上がります。

肌の水分レベルが上がれば、コラーゲンやエラスチンが安定する土壌が完成します。ここでビタミンC誘導体により、コラーゲンやエラスチンの生成を促進してあげます。

このようにしてみずみずしい肌になり、結果的にシワを予防することができます。

コラーゲンを活性化させるにはレチノールとビタミンC誘導体

細胞に働きかけてコラーゲン生成を促すのがレチノールです。
シワ対策に有名なのでレチノールの名前くらいは聞いたことがあるでしょう。
レチノール配合の美容液を気になる部分に塗りケアしてください。

化粧水はビタミンC誘導体配合のものを使いコラーゲン生成を促すようにします。
また乾燥が続いてシワが気になる場合はセラミド配合の美容液も併せて使うと潤いが戻りシワ対策になります。

売上人気ランキング1位

売上No.1の美白化粧水。100倍の浸透力のAPPSを配合。
  売上人気ランキング2位
大人ニキビ肌に最適化された最新型ビタミンC誘導体配合
  売上人気ランキング3位

高い支持率をキープするビーグレンのホワイトケアセット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンC誘導体の基礎知識

APPSについて

シワ対策

ニキビ予防とニキビ改善

シミ対策と美白ケア