ビタミンC誘導体、APPSの総合情報サイト

ビタミンC誘導体ガイド

化粧水や美容液の正しい使い方

コットンでのパッティングは刺激になることがある

化粧水を使うときにコットンでパッティングをすれば化粧水が浸透しやすいと思っている方が多いですが、実際には化粧水を吸ったコットンはいくら高級品でも薄く硬くなり、これで肌を叩くことは刺激となってしまいます。
毎日化粧水を染みこませたコットンを使い続けると赤ら顔やシミの原因にもなることがあります。

手で叩いたりしてつける方もいますが、これにはマッサージ効果は期待できません。肌が引き締まったりすることもなく、ましてや小顔にもなりません。

正しい化粧水・美容液の使い方

まずは化粧水や美容液を手にとって、やさしく顔になじませるようにして包み込んであげます。
続いて、中指と薬指の腹でマッサージをするようにして内側から外側へと馴染ませていきましょう。
最後に目の周りやフェイスラインを手で押さえて化粧水や美容液を馴染ませて終わりです。

コットンパックはそこまで効果が期待できない

コットンに化粧水をたっぷりと染み込ませてパックする美容法がありますが、実際はコットンから水分が蒸発してしまい、肌の奥まで浸透する効果は期待できません。
しっかりと浸透させて保湿効果を求める場合は、肌の上に伸ばして使うパックのほうが効果的です。

どうしてもコットンを使いたい方は・・・

コットンの裏側まで染みる程度の化粧水を染みこませます。化粧水が少ないとコットンで肌を刺激してしまいますのでたっぷりと使ってください。

顔の内側から外側へ向かってまんべんなく馴染ませていきます。やさしく滑らせるようにします。
間違ってもコットンで叩いたりしないように。ただの刺激にかならず、叩いたからといって深く浸透するわけではないので無意味です。

売上人気ランキング1位

売上No.1の美白化粧水。100倍の浸透力のAPPSを配合。
  売上人気ランキング2位
大人ニキビ肌に最適化された最新型ビタミンC誘導体配合
  売上人気ランキング3位

高い支持率をキープするビーグレンのホワイトケアセット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンC誘導体の基礎知識

APPSについて

シワ対策

ニキビ予防とニキビ改善

シミ対策と美白ケア