ビタミンC誘導体、APPSの総合情報サイト

ビタミンC誘導体ガイド

化粧品に含まれる肌に悪い成分

化粧品には様々な成分が含まれており、その中でも防腐剤がよくないと思われがちですが、実際は違います。

界面活性剤

まず乳液やクリームなどの水分と油分を混ぜるための『界面活性剤』は使いすぎると肌が荒れます。油分を溶かして水分水分とまざるようにするため、肌の水分も当然溶け出すことになります。毎日何度も大量に使いすぎるとよくないので注意しましょう。

ただし界面活性剤にもその強さがいろいろあり、入っているから良くないというわけではありません。肌は潤いと皮脂があり、これらが界面活性剤の役割をして肌を保護しているわけですから、使いすぎると良くないだけなのです。

体との相性

色素、防腐剤、香料など、肌質に合わないとアレルギー反応を起こす場合があります。ほとんどの場合、強いアレルギー反応がでるのは稀ですが、化粧品を使って肌に合わなかったという場合はこれらの成分が合わないことが多くあります。

私達には細かく成分と肌質を分析するのは不可能ですから、まずはパッチテストやお試しセットなどを使って肌質と合うのかどうかを確かめるのが賢い使い方です。

売上人気ランキング1位

売上No.1の美白化粧水。100倍の浸透力のAPPSを配合。
  売上人気ランキング2位
大人ニキビ肌に最適化された最新型ビタミンC誘導体配合
  売上人気ランキング3位

高い支持率をキープするビーグレンのホワイトケアセット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンC誘導体の基礎知識

APPSについて

シワ対策

ニキビ予防とニキビ改善

シミ対策と美白ケア