ビタミンC誘導体、APPSの総合情報サイト

ビタミンC誘導体ガイド

ビタミンCは風邪に効く?

風邪の諸症状には効果がほとんどない

風邪の症状として頭痛や咳、発熱、喉の痛みなどにビタミンCが直接関与して改善するこうかはほとんどありません。
かぜ薬などに含まれるビタミンCは、風邪によって消耗したビタミンCの補給程度と考えてください。

ではなぜ風邪をひくとビタミンCを摂るように言われるのでしょうか。それは1970年に『ビタミンCと風邪』というノーベル賞を2度受賞したポーリング博士の本が始まりだとされています。

ただしこの本でも確実にビタミンCが効くとは書いておらず今後の研究に期待する、という部分にとどまっているのですが、当時はこのような権威ある人の発言は一般市民に広く知れ渡り現在に至るというわけです。

ビタミンCは風邪に対する効果をしっかり持っている

風邪の症状にダイレクトに効果があるわけではないビタミンC。
しかし風邪による影響に対しての効果は認められています。たとえば熱やストレスによる活性酸素の除去や免疫機能の向上、ウイルスと戦うたんぱく質の生成促進などです。

ビタミンCが風邪を治しやすくするということはないですが、体の不調を一定程度改善していく足がかりには成り得るようです。

売上人気ランキング1位

売上No.1の美白化粧水。100倍の浸透力のAPPSを配合。
  売上人気ランキング2位
大人ニキビ肌に最適化された最新型ビタミンC誘導体配合
  売上人気ランキング3位

高い支持率をキープするビーグレンのホワイトケアセット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンC誘導体の基礎知識

APPSについて

シワ対策

ニキビ予防とニキビ改善

シミ対策と美白ケア