ビタミンC誘導体、APPSの総合情報サイト

ビタミンC誘導体ガイド

ビタミンCを摂ると尿が黄色くなる?

実はビタミンCではなくてビタミンBが原因

ビタミンCの色自体は無色透明で、体内で吸収されても黄色くなることはありません。ではなぜ尿が黄色くなったと感じるのでしょうか。それはビタミンBが原因です。

栄養ドリンクやビタミンCの多く入っているスポーツドリンクなどには、ビタミンCだけでなくビタミンBが特に多く含まれています。その中でもビタミンB2が黄色く、尿の色を黄色くしている原因なのです。

ですからビタミンCを飲んでも尿が黄色くなることはないんですね。

食べ物としては牛乳や卵、チーズ、納豆などのビタミンBが多く含まれているため、黄色くない食品を食べていても尿の色は黄色くなるのです。なかなか想像しがたいですね。

尿が黄色くても問題ない

ビタミンのとりすぎも通常の範囲内であれば全く問題無いですし、尿の色が黄色くてもまったく健康な状態であることがほとんどなので問題無いです。
これが赤っぽいとか色が明らかにおかしい場合は病院へいくことをお薦めします。

売上人気ランキング1位

売上No.1の美白化粧水。100倍の浸透力のAPPSを配合。
  売上人気ランキング2位
大人ニキビ肌に最適化された最新型ビタミンC誘導体配合
  売上人気ランキング3位

高い支持率をキープするビーグレンのホワイトケアセット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンC誘導体の基礎知識

APPSについて

シワ対策

ニキビ予防とニキビ改善

シミ対策と美白ケア