ビタミンC誘導体、APPSの総合情報サイト

ビタミンC誘導体ガイド
ニキビ跡やシミを薄くしたり、肌にハリを与えてシワの改善にも役立ちます。美白、アンチエイジング、ニキビケアがひとつでできるので化粧水はビタミンC誘導体配合のものがお薦めです。
サイクルプラス
APPSで浸透力抜群。使うときに混ぜてAPPSを作るから鮮度は抜群の状態で使うことができます。
VCローション
ニキビケア向けのビタミンC誘導体配合化粧水。ニキビに悩んでいる方に支持されています。
b.glenホワイトケアセット
ビタミンC、ハイドロキノン、シムホワイト337などを高配合したビーグレンホワイトケアセット。

イオン導入がお薦めビタミンC誘導体をイオン導入する
肌の奥までビタミンC誘導体を浸透させるために、イオン導入を利用したいですね。

シワ、たるみの改善に効果的シワ予防・改善に効果的
ビタミンCの浸透で肌の弾力成分の生成が活発になりシワ対策に効果的です。

ピーリング石鹸とビタミンC誘導体配合化粧水を使うピーリングと併用して使うと効果的
ピーリング石鹸で洗顔したあとはビタミンC誘導体も浸透しやすい状態に。

ビタミンC誘導体の進化型APPSはさらに高浸透する
ビタミンC誘導体がさらに浸透しやすくなり効果も高いのがAPPSです。

若い頃からシミ対策をシミ対策は20代から予防
シミはできてから消すのが大変です。シミ対策は20代からの予防がとても重要です。

ニキビ予防に最適な化粧水ニキビ予防に化粧水を使う
生理前などニキビができる前にビタミンC誘導体配合の化粧水でケアすると効果的。

富士フイルムのアスタリフトアスタリフトがすごい
なぜ富士フイルムが化粧品!?富士フイルムにはフイルム開発で培ったナノ化技術と、写真を酸化と劣化から守るための抗酸化技術がとても優れていました。この技術を応用してアスタリフトが生まれたのです。

APPSとフラーレンが抗酸化作用最強コンビフラーレンとAPPSは抗酸化作用の相性抜群
現在、抗酸化作用で一番強力で安定しているのがフラーレンです。ビタミンC誘導体やAPPSも抗酸化作用が高いですが、実はAPPSとフラーレンは相性が良く、シミ対策、アンチエイジングなどに最適な組み合わせなのです。

ビタミンCサプリでシミを薄くするビタミンCサプリで美白・シミ改善ケア
コスメからだけでなく、内から美白ケアを促進させるのがやっぱりビタミンCなんです。毎日こまめに補給することでシミだけでなく肌の弾力まで出てくるから知らず知らずのうちに小ジワ対策にもなっていくというスグレモノです。

ストレスで一気にシミができることもストレスがヤバすぎ!と感じたら・・・
極度の強いストレスが加わると翌日シミができている、なんてこともあります。ストレスによってできる活性酸素が強すぎるためです。そんな日の夜はビタミンC誘導体配合の化粧水でしっかりとケアしてあげてください。

ビタミンC誘導体の美白効果

ビタミンC誘導体は多くの美白化粧水に配合されている定番美白成分です。ビタミンCの抗酸化作用によってシミを作らせる前から予防していきます。また、皮脂分泌をコントロールして正常な状態に戻していくことが出来るため、ニキビ予防やできてしまったニキビケアにも重要な成分です。

特に水溶性ビタミンなので美容液ではなく化粧水として配合するとベストの美白効果を発揮します。特に高級美白化粧水の場合は成分を濃厚にしてややとろみのある美容液のようなグレードで作られているものもあります。最近はAPPSがビタミンC誘導体を進化させた高浸透の美白成分なので、価格の高いものは吸収がよくて美白効果も高いと言えます。

なぜビタミンC誘導体が効果的なのか

元々はビタミンCに抗酸化作用があるため、ビタミン自体を肌に浸透させることで角質層からその奥までシミ予防の働きかけができるはずですが、実際にはビタミンCは角質層まで入り込むことができないのです。ではどうするか、というと肌に浸透しやすいようにするのです。その結果できたのがビタミンC誘導体です。

何を基準にビタミンC誘導体配合化粧水を減らべばよいか

まずはどれだけ肌に吸収されやすくなっているか、というのが課題になります。最近はナノ化や高浸透力のものが増えていますので、肌の奥まで美白成分が浸透する化粧水を考えます。ちなみに浸透力だけで考えるとビタミンC誘導体を進化させたAPPSがベストです。価格は高めになりますが、イオン導入等なしで手で化粧水を付けたただけでグングン肌に浸透していきます。浸透力はビタミンC誘導体の100倍以上です。

美白効果で選ぶ

ビタミンC誘導体だけでも美白効果はありますが、それ以外の成分で例えばアルブチンやシムホワイトなど様々な美白成分が一緒に配合されています。これらの美白成分が相乗効果を上げて美白をより一層効果的にしてくれます。美白成分の中でもアルブチンやその他成分も併記してあるものはある程度信頼できるでしょう。

ニキビ予防、回復、治療効果で選ぶ

ビタミンC誘導体には皮脂分泌量を抑える働きがあります。このため、ラキ日ケア用としても専用に作られる化粧水があります。ここで重要なのは、ニキビケアのための成分がビタミンC誘導体とともにしっかりと吸収されるかどうかです。これはニキビケアのためのビタミンC誘導体化粧、『VCローション』の商品説明にかかれているので、それを選んでほぼ確実でしょう。

ビタミンC誘導体の基礎知識

APPSについて

シワ対策

ニキビ予防とニキビ改善

シミ対策と美白ケア